タバコの依存性をドーパミンとセロトニンの働きから説明する

禁煙知識

禁煙の一番の敵は、タバコを吸わなくなることによる禁断症状です。

そしてなぜ禁煙することによって禁断症状が出るかといえば、それはタバコに強い依存性があるためと考えられます。

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」

というわけで次に、そもそもタバコの依存性はどのように説明されているのか、というお話をします。これから紹介するのは、脳内物質のドーパミン・セロトニンからタバコの依存性を説明している通説です。

そして必ずしもこれだけがタバコの依存性を生む唯一絶対の原因とはいえないかもしれませんが、禁煙をするため、もしくは(既に禁煙している方は)禁煙に挫折しないために、まず把握しておいて損はないものです。

というわけで始めます。

タバコの依存性の正体とは?

タバコの依存性に深く関係していると言われているのが、皆さんの誰もがご存じ、タバコに含まれる「ニコチン」、そしてもう一つが脳内の「アセチルコリン受容体」です。

ニコチンは誰もが聞いたことのあるものだと思います(タバコの箱の側面に、タールとともに含有量が明記してありますよね)。

ではアセチルコリン受容体とは何でしょうか。

アセチルコリン受容体

まず「アセチルコリン受容体」は文字通り「アセチルコリン」という神経伝達物質を受け取るためのものです。

アセチルコリン受容体の「受容体」は「レセプター」とも呼ばれ、外界からの刺激を情報として利用できるように変換する機能があります。

アセチルコリン受容体にアセチルコリンが受容されると、自律神経を刺激して、心拍数が変化したり消化管運動や消化液の分泌が促進されたりします。

簡単にいえばそれによってドーパミンが出るわけです。

ドーパミンは運動を促すホルモンで意欲・学習・快感情と関わります。このドーパミンが出ると「やる気が出る」「意欲が沸く」、また思考が促進されるという状態になります。

この仕組みはもともと人間の脳に備わっているもので、これ自体は自然な構造です。

ニコチンがアセチルコリン受容体に作用してドーパミンが出る

さて、タバコの依存性の最大の原因であるといわれているニコチンですが、このアセチルコリン受容体との関わりで登場します。

本来アセチルコリンを受容するためのアセチルコリン受容体ですが、タバコを吸うと、このアセチルコリンとニコチンの取り違えが起こります。

つまりアセチルコリン受容体がニコチンをアセチルコリンだと勘違いして、脳内でドーパミンが生成されます。

来たよーー

おっ、毎度!アセチルコリンの旦那!

おいおい、オレはアセチルコリンじゃなくてニコチンだぜw

マジっすか!?

ま、よく似てるんでいいっすわ!

アンタ話が分かるねw

これからヨロシクな!

こんな感じですかね(笑)

そしてさらに、アセチルコリンは脳内で自然に分解されますがニコチンは分解されません。

そのために脳はなおさら「アセチルコリンがいっぱい出てる!」と勘違いしてドーパミンを大量に生成することになります。

セロトニンが出る

そしてドーパミンが出ると、今度はそのカウンターとしてセロトニンというドーパミン抑制物質が大量に放出されます。

このセロトニンはドーパミンとは逆に、精神を安定させ、気持ちよくリラックスさせる効果があります。

ということでタバコを吸うと、①ドーパミンが出てやる気が沸き、なおかつ、②セロトニンも出てリラックスすることができる、というわけです。

このドーパミンとセロトニン、ふたつの脳内物質の生成がタバコを吸うことによって得られる「快感」や「リラックス効果」の正体ということになります。

つまり「アセチルコリン→ドーパミン→セロトニン」という過程が「ニコチン→ドーパミン→セロトニン」という過程に置き換わるわけです。

脳がドーパミンの自然な生成をサボるようになる

さあ、ここからが肝心な点です。

タバコを吸ってドーパミンの生成→セロトニンの生成という風に進むわけですが、このドーパミンやセロトニンはニコチンによるアセチルコリン受容体への刺激に限らず生成されるわけで、別に大きな実害はないはずです。

だって自分で料理できる人がたまに外食したところで、それでどうということはありませんから。例えば突然料理ができなくなったり、鉄板で食中毒になる(笑)、なんてことはないですよね。

ところが、この喫煙によるニコチン補給=喫煙の習慣の継続の場合、タバコによる外的刺激に慣れ、本来脳が持っている、自発的にドーパミンを生成する働きが鈍くなります。

別にオレが頑張んなくても

ニコチンの旦那がやってくれるっしょ!

要は脳がドーパミンの生成をサボるようになるわけです。

禁煙するとドーパミン不足・セロトニン不足になる

こうしてタバコを吸わないと脳がドーパミンを生成せず、なおかつドーパミンが生成されないことでドーパミン抑制物質のセロトニンも生成されにくくなります。

はあーダルッ。。

ドーパミン不足による症状はこのようなものです。

  • やる気が出ない
  • 体がだるい
  • 気持ちが落ち着かず、イライラする
  • 運動機能が低下し、(時には)手が震えたりする

さらにセロトニン不足によって、気持ちが落ち込み、鬱っぽい症状が出ます。

まさに踏んだり蹴ったり(笑)ですね。

そこで喫煙者は新たな一本にまた手を伸ばしてしまうわけです。

タバコの依存性まとめ

というわけでタバコの依存性は通常、このように説明されています。

  1. タバコの中に含まれるニコチンがアセチルコリン受容体を刺激し、脳にドーパミンを、次にセロトニンを生成させる。
  2. その喫煙習慣が続くと、脳が自らドーパミンを作るのをサボるようになる。
  3. タバコが含むニコチンの供給がなくなると倦怠感やイライラを感じるようになり、タバコなしでは生活できなくなる。
  4. だからタバコを吸う。

しかしこれは「通説」に過ぎません。

もちろんこれ自体、完全なデマとは言えないかもしれませんが、色々な点を考慮すると、本当にタバコの依存性は「ニコチン」(だけ)が原因なのか?という疑問が浮かんでくるところがあります。

この記事は苫米地英人の『Dr.苫米地の脱洗脳禁煙術』を参考に書きましたが、同じくこれについても苫米地博士が興味深いことを書いています。

本当にタバコの依存性はニコチンが原因なのか?

これを次に書いてみようと思います。

この話、ちょっと怖面白いです。

お楽しみに。

【疑惑】タバコの依存性は本当にニコチンによるものなのか?

タイトルとURLをコピーしました